GO日本

「GoJapan(去日本)」訪日インバウンド向けNo.1アプリ。訪日旅行客が最高の日本旅行を楽しむ「GoJapan(去日本)」

日本に特化した訪日旅行客向けNo.1アプリ GoJapan(去日本)。今なら月額20,000円で旅行客誘致を実現。 TVで紹介されました
GO日本
中国App Store 日本関連アプリ6,500位中1位。ダウンロードユーザー500,000人

訪日外国人旅行客の約50%は中国から

2015年の訪日外国人客数が1,973万人を突破!その中でも中国人※が約1,000万人で全体の約50%を占めています。

そして訪日外国人の平均買い物金額が75,535円に対して、
訪日中国人の平均買い物金額は143,620円
非常に大きな経済効果が期待されています。

年間訪日外国人数 年間訪日外国人国籍別比率

香港・台湾を含めると約1,000万人が訪日

訪日の目的はグルメ、ショッピング、娯楽など様々

訪日中国人旅行客は、旅行前からインターネットを通じて情報収集を行い旅行プランを立てるなど、スマホによるインターネットリテラシーが高いことが特徴です。

しかし、実際は情報を収集できずに困っている中国人旅行客がたくさんいます。

多様化する中国人旅行客のニーズにマッチする
日本に特化した旅行メディアがほとんどないため、旅行プランを立てる際の情報収集に「時間と手間がかかり面倒である」と感じている中国人旅行客が非常に多いのが現状です。

そこで

訪日旅行者向けNo.1アプリGoJapan(去日本)

旅行前の情報収集・旅の計画から旅行中の周辺検索・情報共有まで網羅できるアプリ

「GoJapan(去日本)」のアプリを起動しているエリアを見ると、中国と日本がほとんどで、旅行前/旅行中に頻繁に利用され、月間平均500,000回以上起動されています。
また、それとは別に、台湾、香港の旅行客も利用しています。


フジテレビ系『みんなのニュース』で紹介されました!

2016年2月9日放映のフジテレビ系のニュース番組『みんなのニュース』で、外国人旅行客の増加に伴う"民泊"についての特集があり、その中で、当社(株式会社ゴージャパン)の代表取締役社長 劉 璐 (リュウ ロ)の取り組みについても紹介されました。

中国No.1 SNS『WeChat』の公式サイトでアプローチ

去日本/GoJapanオフィシャルWechat微信を活用した口コミコンテンツプロモーションはもちろん、ホームページや商品・サービスの購入ページへの直接誘導も可能!
去日本/GoJapanメディア・プラットフォームは、訪日中華圏旅行者だけでなく、中国現地のパワー消費者層5000万人以上へのアプローチが可能!

会社概要

会社名 株式会社ゴージャパン
代表取締役社長 劉 璐(リュウ ロ)
設立 2015年11月
お問い合わせ ad@go-riben.com
住所 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー8F
事業内容 日本に特化した中国No.1メディアネットワーク「GoJapan」の日本における運営、 広告販売事業、訪日インバウンド及び中国国内におけるプロモーション、KOLインフルエンサー、 対中華圏向け動画プロモーション、中国メディア・マーケティング支援、コンサルサービスなど
株主構成 GoJapan (Hong Kong) Co., Limited